陰部がかゆい!原因は乾燥?どの市販薬を選ぶべき?

特におりものや、デリケートゾーンを鏡で見ても異常はないけど、ただひたすらかゆい時ってありますよね。原因は洗い過ぎによる乾燥ー、というか、悪玉菌の増殖によるものです。

そんな時につい頼ってしまいたくなるのが市販薬。明らかにナプキンのかぶれやムレや汗によるかゆみならフェミニーナ軟膏が一般的に売られている市販薬です。

ただ単にかゆいだけなら、デリケートゾーン用の軟膏でも効果はあるけど、軟膏を塗るのをやめたらまたかゆくなってしまうのが難点。できるなら、日常生活の中でかゆくならないケア方法を取り入れたいものです。特に、かゆみが気になっているならニオイや黒ずみにも悩んでいるのではありませんか?

陰部の洗い過ぎに気をつけて!

デリケートゾーン(陰部)が痒い時に気を付けたいのが洗い過ぎ(過剰洗浄)です。

デリケートゾーンは体の中で一番皮膚の薄い部分で、子宮にも直結している大切な部分です。その敏感な部分を守るために善玉菌が存在しているのですが、市販のボディーソープや石鹸は雑菌と一緒に善玉菌も洗い流されてしまっています。

そしてその時、陰部がアルカリ性に傾いていると悪玉菌のほうが増殖してかゆみやニオイの原因になります。

 

陰部の善玉菌と悪玉菌の役割

デリケートゾーン(陰部)の善玉菌は表皮ブドウ球菌、悪玉菌は黄色ブドウ球菌。常在菌なのでどちらも存在しています。善玉菌が増殖しやすいのは弱酸性に傾いた肌、悪玉菌が増殖しやすいのはアルカリ性に傾いた肌質です。

善玉菌も悪玉菌も汗に含まれた物質や汚れを食べるのですが、その時の排泄物に違いがあります。善玉菌の排泄物は潤い成分のグリセリン。悪玉菌の排泄物はニオイがして肌トラブルの原因になります。

さらに善玉菌が少ないと潤いのない乾燥肌なので刺激を受けやすく、ナプキンや下着の擦れで傷がつき、そこから雑菌が侵入すると炎症を起こしてしまいます。

 

陰部がアルカリ性に傾く原因は!?

陰部がアルカリ性に傾く原因は様々です。

・アルカリ性の石鹸やボディーソープで洗っている

・汗が塩分の多いドロドロ汗になっている

・肉食中心の食生活

・ホルモンバランスの崩れ

などなど・・・ですが、デリケートゾーンのかゆみを感じる女性は多く、デリケートゾーン用のケア商品を使う事でそのほとんどの悩みは解消されています。

コメントは受け付けていません。